若白髪対策の新常識を発見!実感できちゃう黒髪への変化

プロがイチオシする
新常識の若白髪対策をご紹介!

若白髪対策をする上で
白髪染めは一番多い方法ですが、
美容室だと費用や時間がかかり
今は自宅でする方が増えています。

そのせいか、
市販されている白髪染めも
種類が増えて探すだけでも
面倒な作業になります。

そこで今回、
アドバイザーとして
美容師という立場で数多くの
若白髪で悩む方たちを救ってきた
友人の経験をもとに教えてもらいました。

☆白髪染めを選ぶなら3つのポイントに注意!
☆若白髪をたった10分で解消する方法

ここでしか知ることができない
有益な情報をご紹介していきます。

白髪染めに大差はない?間違った選び方が後々大変な事態に!

友人は美容師という職業柄、
「自宅で手軽にできる白髪染めは何?」
とお客さんからよく質問されます。

友人は、質問されるたびに
必ず言っていることがあります。

「白髪染めは慎重に選ばないとダメ!」

白髪染めを選ぶ面倒な作業も、
正しい選び方をしておかないと
後々あなたにとって健康被害を
及ぼす危険性があります。

あなた自身の健康を守る意味でも
この後紹介する3つのポイントを
是非とも参考にしてみて下さい。

専門のプロだけが知る!白髪染めを選ぶ3つのポイント

皆さんは、白髪染めを選ぶとき
何を基準にしていますか?

価値観や体質のこともあるでしょうから、
皆さんそれぞれ違いがあるかもしれません。

ここで紹介する、
専門のプロだけが知る3つのポイントは
染まり具合・安全性を重視していますので
是非参考にしてみて下さい。

気になる3つのポイントがコチラ
・色はダークブラウンを選ぶ!
・ジアミン系の成分は避ける!
・余りにも安価なものは避ける!

なぜ、上記の3つなのか
詳しく解説していきます。

白髪染めの成功率は色選びで決まる!ダークブラウンは成功のもと

思ったより色ムラが出て上手く染まらない…

過去に白髪染めをしたことがある方なら
一度は感じた事があるかもしれません。

その原因の一つが色選びなんです。

白髪の性質上、色が入りづらいため
明るめの色を選ばれると色ムラが目立ち
失敗するリスクが一気に上がります。

かといって、真っ黒に染めても
頭に何か乗っかってるようで違和感がある…

そんな時は、
自然と馴染みやすく違和感なしで染まる
ダークブラウンが一番おすすめなんです。

染めることばかりじゃない!見落とされやすい成分の罠とは?

若白髪で悩む方にとって、
対策の一つである白髪染めは
基本的にずっと続けていくものです。

だからこそ、白髪染めの成分には
気を配る必要があるんです。

その中でも特に、
ジアミン系の成分は注意が必要です。

体内に蓄積されやすいので、
アレルギー症状にとどまらず、
後々重篤化してショック状態にまで
発展する可能があり、厚生労働省でも
注意を呼び掛ける事態になっています。

染まりが良いとされるジアミン系は、
怖い一面も持ち合わせているので
成分表をチェックするようにして下さい。

安さの裏には魔物がいる?商品の価値と値段は比例する!

若白髪対策で外せない白髪染め。

中には、
予算に合わせて安いものを
選ぶ方も多いはず。

プロからの話しでは、
値段の差は、成分の濃度や質
人工のものだと安く、天然成分は高い
有効成分が多ければ高く少ないと安い。

高いものが良いと
決めつけてる訳ではなく、
安いものには安いなりの
理由があるということ。

コストが一番かかるとされる
生産過程や品質維持に対する管理、
試験的に実証されたものかなど、
不安材料が残る安価の商品は
避けておくのが無難です。

プロに聞いた!今イチオシする白髪染めで10歳も若く大変身?

まずはコチラをご覧ください。

【使用前】
【使用後】

【使用前】
【使用後】

プロから聞いたイチオシの白髪染めを
私が初めて試した時の画像です。

たった一回の作業で、
しかもたった10分程度時間
周りから10歳若く見られるまでに!

ここまで、見違えた私に変えてくれたのが
髪萌という白髪染めです。


なぜ、プロが髪萌をイチオシするのか?
理由は他にない3つの特徴があります。

実際にレビューした画像を交えながら
髪萌を徹底検証した記事がありますので、
ぜひ参考にしてみて下さい。

若白髪を染めるならコレ!プロも驚愕した新発想の白髪染めとは?

若白髪がたった10分で解消!髪萌だから実現した対策方法

プロがイチオシする
白髪染めの『髪萌』で実現すること

★若白髪の悩みが
たった10分の作業で解消!
★美容室に行くより
大幅に節約できる!
★アレルギー体質でも
ずっと使い続けれる安心感!

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください