若白髪対策の新常識を発見!実感できちゃう黒髪への変化


若白髪の対策で、白髪染めは一番多いケースですが
美容室でやるか市販のものを買って自分でやるのか
悩むところではないでしょうか。

私の場合、30代に入ってから若白髪が増えてきて
色んな対策をしてきましたが、下の子を産んでから
アレルギー体質に変わってしまい、市販の商品だと
頭皮の荒れが酷くなって止めました。

しばらく美容室で染めてましたが、費用や時間など
生活に負担がかかりはじめ、予約を取るのも面倒
行く回数も自然と減っていきました。

そんな状況だった私ですが、ある救世主と出会って
一気に悩み解決へと進んでいったんです。

プロがこっそり教えてくれた救世主とは?

私の友人で、美容師として第一線で活躍したのち、
ヘアカラーで有名な某メーカーに勤める者が居ます。

ある日、その友人に相談する機会がありましたので、
若白髪の対策に使えるものがないか聞いてみました。

最近の白髪染め商品も開発が進み、特にその中でも
ケア対策に最適なものを教えてくれました。

美容師として開発部に所属する立場としての目線で
おすすめしてくれたのが「髪萌」でした。

プロがすすめる髪萌は他と比べて何が良いのか?

【従来の白髪染めのイメージ】

・頭皮や髪が傷みやすい
・鼻につく匂いが嫌
・拘束される時間が長い
・思うように染まらない

 

従来の白髪染めを経験されたことがある方なら、
一度は感じたものではないでしょうか?

継続していくことが必須の白髪染めですから、
同じ対策をする上でストレスなく少ない労力で
大きな成果があって欲しいところです。

今回すすめてくれた髪萌は、その小さな労力で
大きな成果が得られる秘密が3つあります。

他にはない秘密を一つ一つ説明していきます。

染まる早さは他には負けない?

髪萌は、カラーアップとカラートリートメントの
2種類あります。

初めに、カラーアップで気になる所を徹底ケアし、
カラートリートメントで全体的にムラなく染めあげ
潤いと維持する働きがあります。

なんとカラーアップは、たった5分で染めることが
でき、ケア対策にかける時間を節約できます。

他社のものだと、平均30分から1時間ほどかかる
ものが多い中で、髪萌は早染めに特化した商品です。

長い時間かかる白髪染めにウンザリして面倒だった
ことが、髪萌だとすき間時間で手早くできます。

髪萌の成分は使用者にとって安心感がある?

一般的なヘアカラーは、染める力が強いジアミン系を
配合していることが多いですが、ジアミン系は頭皮や
髪を傷める原因になり、アレルギー症状を引き起こす
ことがあります。

髪萌を開発したプロアクティブ社では、天然成分に
こだわりがあって、ジアミン系などの刺激性がある
成分は一切使用していません。

ジアミン系を使わないことで染める力が落ちた分、
天然色素のクチナシを配合し染める力に特化した
ものに出来上がっています。

早くて安心感がある髪萌の使い方は面倒臭い?

付属の手袋を付けて、適量を手に取る。分量の目安は、メゾットブックにも詳しく書いてましたが、要らなくなった小ぶりの容器に少しづつ入れながら使うと無駄なくできます。

 

 

手で直接塗っても大丈夫ですが、コームやブラシを使うと塗りやすいです。ハードタイプのクリームだから液だれしないのでしっかり定着してくれます。

 

 

気になる場所は入念に!頭皮に付いても天然色素だから痛みもないし、カサブランカの上品な匂いがほんのりする程度です。塗るコツとしては、頭皮やおでこなどについても洗い流すと簡単に落ちますので、頭皮を揉むように塗ると浸透しやすかったです。

 

塗り終わったら、ヘアーキャップでも良いのですが、個人的にサランラップの方が密着するのでおすすめです。念入りに染めたい方は、上からドライヤーで温めてあげると効果アップ!
この状態で5~10分程度放置したら、あとは洗い流すだけです。

 

 

髪萌を使ってみた結果はイマイチだった?

早い・安心・簡単の3拍子が揃った髪萌ですが、
最終的な染まり具合を比較してみました。
こちらの画像は使用前のものです。

洗い流して乾かした画像です。

たった1回の工程で生え際からしっかり染めることに
大成功しました。

使用したタオルなどにも、色素が付着することなく、
髪もパサつくかず、指通しが滑らかでツヤツヤです。

 

ずっと、若白髪の対策で悩むことが多くなったとき
友人からの助言もあって髪萌を試してみました。

早い・安心・簡単だけでなく、しっかり染まる力が
あるのは他にはない髪萌だけです。

急に旧友と会うことになったり、老けて見られたく
ないような場面でも、髪萌一つで対策に困ることは
無くなります。

あなたの傍に、心強い若返りアイテムの一つとして
髪萌を使われてみてはいかがでしょうか。